飯能河原にて

先日、飯能河原に行って色んな生物の写真を撮ってきました。

TG-4を買ってからというもの、生き物を採集するよりも写真を撮る方が楽しいかも知れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはハグロトンボ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名前の通り羽が黒く、体はメタリックな緑色が美しいです。

体が緑色なのは雄で、雌は黒色なんだそうです。

自然界の綺麗な生き物ってだいたい雄の方ですよね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはカゲロウの幼虫。

以前アップした記事に載っているカゲロウの幼虫と見比べて貰えればわかると思いますが、

普通のカゲロウの幼虫よりも平たい形をしています。

ヒラタカゲロウという種類の幼虫です。エルモンヒラタカゲロウの幼虫なんじゃないかな?と思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体が平たく、水流への抵抗も弱くなる為、手を流れのある川の中に入れてもなかなか離れません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コケに群がる沼エビ達。

なかなか綺麗に撮れて気に入っています。

ただのコケでもなんだか神秘的に見えますよね。

それだけでなく、小さな生き物の日常を切り取って覗いてる感じがなんか、良いです。

この小さなエビ一匹一匹が生きてて餌を探したり休んだりしてるのがなんか面白いといいますか

ミニチュアとか好きな人にはわかって貰えそうな気がする。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川辺にあった朽木をひっくり返してたら出てきたクワガタ。

スジクワガタ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じ所から出てきたムカデみたいな生物。

名前をマクラギヤスデと言うそうです。

枕木(マクラギ)というのは線路のしたに敷いてある木の板だそうです。

27a88c9e194825da88b4ec901366ad9c

確かに似ていますね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この三葉虫のような生き物はドロムシ。

石をひっくり返すとよくくっついていて、大きさは5mmくらいです。

こうみえて成長するとしっかりとした甲虫になります。

Munabirotuyadoromusi.JPG

幼虫時代からは想像つかない姿ですよね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎度おなじみアメリカザリガニ。

お馴染みではありますが、いつ見ても格好いい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうやって水中で、自然下で撮影した写真は水槽の中では撮れない趣がありますよね。

本当にこのカメラを買って良かった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蜘蛛です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは河原でちょちょっと捕まえた色んな生物。

コクチバスの幼魚に、アメリカザリガニ、シマドジョウ、ヌマエビですね。

コクチバスがかなりたくさんおり、繁殖しているようでした。

また、金魚もかなりいました。

が、繁殖している様子は無かったのでおそらく最近逃されたものだと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サワガニを探して石を返していたら出てきたアシダカグモ(でいいんだよね?)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かなり大きくて驚きました。ちなみにサワガニもたくさんいましたよ。

 

生き物の数自体は少なく、採集もしづらかったですが

都会では見られないような生き物が見れて楽しかったです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。